FC2ブログ
えみこの秘密日記。完全プライべ-ト体験記だよ。不定期に会ってくれる人も探してまぁ~す。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友達と鍋…のはずが
2006年12月31日 (日) | 編集 |
今日は彼氏と私の共通のお友達を誘って4人で鍋をする事になりました
その二人も付き合ってるんだけどもちろんえみこたちの方が付き合ってから長いですよ

えみこの彼のおうちでやろう!って話だったから彼氏以外の3人でスーパーでお買い物を済ませてから彼氏のおうちに行きました。

いつもより部屋の中はキレイに片付いていました。の準備もしてくれてたみたい…

みんなで協力してを作っておいしく食べました

を食べてたら体が熱くなってきちゃってみんなして薄着になりました

お腹もいっぱいになって動けずまったりしてたらコタツの中で彼氏の手が私の足をすりすりしているのがわかりました

何もないかのように普通にしてたらだんだんパンティの中に手を入れてきてクリトリスを刺激したりしてきました。。

私は気持ちよくなってきてしまいましたが2人にバレないように出来るだけ普通にしていました。

その後に気づいたんですが隣にいた2人はコタツに足を入れたまま横になってイチャイチャしていました

だんだんいやらしい感じの息が隣から聞こえてきて私は恥ずかしくなってきてしまいました。。

すると彼氏は耳元で

「えみこももっと感じていいんだよ」

と言ってさっきよりもいやらしく激しい感じで触ってきました。。

もう普通にしてられなくなて「んっ・・・」って声が漏れてしまいました。

すると反対側で横になっていた友達は間にコタツがあってはっきりは見えないのですがフェラを始めたみたいです。。

「ジュル・・ジュポ・・チュチュ・・・」

いやらしい音が聞こえてきました。するとまた彼が耳元で

「えみこも俺のおちんちんくわえて

と言うので私はもうどうにでもなれ!と開き直って彼のおちんちんをくわえだしました。だんだんいやらしさが増してきて友達に負けたくなくて聞こえてくる音よりももっと大きな音でおちんちんをしゃぶりました。。

すると彼はコタツから出て私を床に押し倒しました

そして

「それ以上しゃぶれられてると出ちゃうからあとはえみこの中に入って気持ちよくなるね」

と言うと彼は私のおまんこおちんちんをいれました。

「あぁ、はいってきた」

といつものように声を出してしまいましたがもう開き直ってしまったので逆に見せ付けてやろうと思っていました。

すると友達の方もソファーに座りだしてセックスを始めました。

視界に友達がセックスをしているのが入っていて自分も思いっきり人の前でセックスをしているなんてものすごい興奮に襲われました。。

私はいつも以上に喘いでいました。何よりもこんなエッチな状態でセックスをしているのがたまらなかったんです。

人がセックスをしているのを生で見るなんて初めてでした。もちろんセックスしている所を人に見られるのも初めてだったし。その興奮で私は何回もイってしまいました

結局興奮したまま彼氏は私の中に精子を出しました。


同じタイミングくらいで友達の方もセックスが終わったみたいで終わってからだとお互い少しテレてしまいました。その後みんな疲れたみたいで寝てしまいました。私はその間に更新中・・・


imoutoi.jpg



続きを知りたい人は

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
買い物の後に・・・
2006年12月30日 (土) | 編集 |
今日も彼氏とデート。
買い物も終わり、2人っきりになりたくてラブホテルへ・・・

今日はカメラは持ってきてませんよ。笑


まずはソファーでコーヒーを飲みながらまったり。
一口飲んでキス。抱き合ってキス・・・。

今日はシャツの下に、スケスケのキャミを着て行ったので、その姿を見て、彼は大興奮。
02.jpg


「スケスケじゃんか・・・エッチぃなぁ・・」

と言って、彼はブラを外し薄っすら見える乳首を人差し指でちょんちょんっと突っつきました。

キャミのストラップを片側だけ抜いて、右のおっぱいに吸い付いてきました。

赤ちゃんみたいに、ちゅっちゅと吸い付く彼の頭を撫でながら
私は彼の髪や耳にキスをして、耳元で「お風呂入ってからね!」と言って、彼の手を取ってお風呂へ行きました。

洗面台の前で、キスをしながらお互いの服を脱がせっこ。
全裸になると、彼は洗面台に足を開かせて私を体操座り
(膝を立てて、両手で膝を抱える)をさせました。
この体制は、勿論クンニされちゃった。

硬く舌先を尖らせて、優しくクリを刺激。
親指でびらびらをなぞりながら・・・。
あっと言う間に私のおまんこから、クチュクチュエッチな音がしてきました。

「あぁ・・ん・お風呂入らないの?」喘ぎながら聞くと、

「今、一番したい事ってお風呂入る事?それとも俺とえっちする事?」って意地悪な質問。

私は恥ずかしかったけど「えっちする事」を選択しました。

彼は私に鏡の方を向いて座るように促し、私は鏡に向かって
同じ様に座りました。

洗面台の大きな鏡には、全裸の私と彼が写ってます。
もちろん私のおまんこも・・・。
彼は私を後ろから抱えるようにして、右手はおっぱい、左手はおまんこへ。

私は彼に少しもたれかかる様になりました。
「よく見てて・・・」
私はあんあん喘ぎまくり。

クリを撫でたり、ビラビラを擦ったり・・・。
えっちなお汁で、私のおまんこは光ってました。

洗面台から降りて、洗面台に両手を付き、おしりを突き出して、
バックで挿入。

彼が動く度に、クチュクチュっと音がします。

私の声にも負けない位の、えっちな音。

「あぁ・・・もうダメ・・・」イクと同時に私はヘナヘナと
床に崩れてしまいました。

そして、お風呂場へ移動。

2人でシャワーを浴びながら、お互いの気持ちイイ所を触りっこ。

彼を浴槽の淵に座らせて、フェラ

触れるか触れないかの微妙な舌遣いで、根元から先へ。
少し焦らしてから、先ずはおちんちんの先っぽを舌先でチロチロ。
丸く円を描くように、先っぽをぺろぺろ。
両手で優しく包み込み、裏筋から表へ。根元から先へ。の繰り返し。
竿を少し持ち上げて、たまたまをぺろぺろ
ひとつずつ口に含んで、舌で転がす。

右手でしごきながら、左手でたまたまを揉み揉み。
彼のおちんちんが、びくんびくんと脈打ちます。
「イっちゃいそうだから、もう・・・」
彼はそう言うと、優しく私を放しました。

お風呂に浸かって、温まったらベッドに移動。

向かい合ってベッドに座って、キスをしながらお互いの股間を触り合いました。
彼のおちんちんはギンギン。既にカチコチ
お互いの腰を近づけて、彼はおまんこにおちんちんを擦り付けます。
彼の指でくちゅくちゅになったおまんこからは、えっちな音が・・・。
キスも段々えっちっぽくなって来て、お互いちゅぱちゅぱ。

ここで体勢変更。彼が上の69に。
彼はおまんこに舌を入れ、クリを指で触ってました。
勿論私は喘ぎっぱなし。

私も一生懸命裏筋と、たまたまを舐めまくりました。
私がおちんちんを咥えた途端、彼は少し体を下げてきたので、
喉の奥の方まで入ってきました。
歯が当たってるのにも関わらず、彼は体を上げません。
お互い夢中で舐め合いました


いつの間にか彼はゴムを着けていて、私の上に圧し掛かると、
一気に挿入してきました。

私は突かれながらも、彼の乳首を舐めたり、軽く噛んだり・・・。
彼、コレが結構好きみたい。

彼も「気持ちイイよ・・」って。

私の膝を両手で抱えて、突きまくる彼。
もうだめ・・・。

「イっちゃう・・あぁ・・ん・・イっちゃう」
って、先に私がイっちゃいました。
少しして彼も私に倒れ込んでイキました。

とりあえず一回目が終了。

まだヒクヒクしてるおまんこを、彼は容赦なく触ってきます。
「まって・・・」って言ってもダメ。

2回目は騎乗位でやりました。


つづきは・・・
ハメ撮り!
2006年12月27日 (水) | 編集 |
彼氏のおうちに遊びに行きました。

彼氏の家の中って何か落ち着くんだなぁ…

まったりとすごしていたら急に彼が

「この間ビデオカメラ買ったんだぁ」

20061227121231.jpg


って言いました。私は

「いいねぇ!旅行行った時とか使えるじゃん

と言うと彼は

「そうだけどいやらしいえみこを撮影する為に買ったんだよ」

と言いました・・・

私は本気で言ってるのか冗談で言ってるのか分からなくてその場は普通に流しちゃいました

そしてしばらくしていつもようにいちゃいちゃしていると彼がビデオカメラを持ってきて私を取り始めました。。

本気だったのかぁ…と思いつつ写されてるのがだんだん恥ずかしくなりました。彼氏が

「ほら。こっち見て」

とか言いながら感じてる私を取るんです…

感じてる顔を取られるのが最初はすごく嫌だったのに徐々に興奮してきていつもよりもエッチになってしまいました。。

彼のおちんちんしゃぶるのも舌の動きが分かるような舐め方をしたり
して・・・それを見て彼がまた興奮する。

二人ともすっごいエッチになっていました。

そして彼が私のおまんこをいじりながらアップで撮ったりして興奮が最高潮にまで達しました。 

「もうだめ・・・早くいれて・・」

そう言うと彼はおちんちんを一気に奥までいれました。

私は気持ちよくて沢山声が漏れます。。

ベッドの横の台にビデオカメラを置きセックスしてる最中もずっと撮っていました。

途中からはカメラで撮っていること自体忘れて全身で気持ちよくなっていました。。

そして彼氏は私の中にいっぱい精子を出しました。

すると彼は置いてあったカメラを手で持つと二人の結合部分を撮りゆっくりとおちんちんを私から抜きました。

「うわぁ~おまんこから精子出てきたよ!えっちだねぇ」

と言いながらしばらく撮影していました。

・・・しばらくしてから撮影した物を一緒に見てみようって事になりました。

私は彼氏と見るのがどうしても恥ずかしかったのですが見たい気持ちが強くて一緒に見てみました。

それはアダルトビデオでも見ているかのようにすっごくいやらしかったです。

結局一緒に見てたら興奮しちゃってまたセックスをしてしまいました。今度は撮影はしてないですよ
やっぱり彼氏が最高!!
2006年12月26日 (火) | 編集 |
昨日の夜は彼氏とお泊りデートしてきました。。

彼氏が予約してくれてました

最初から予約してるんだよって教えてくれたらよかったのにって思いながら実際嬉しかったです

ホテルの中でシャンパンを飲みがらケーキを食べました。

20061226143320.jpg

「すっごくクリスマスっぽい

って浮かれてました

やっぱりシャンパンってかなりまわるのが早い…

少ししか飲んでないのに段々いい気分に。。まぁ楽しい場だから酔い安いってのもありますよね

二人ともちょっとほろ酔いになってきてエッチな雰囲気に…そして私にディープキスをしてきた。

それだけでジワーッとおまんこが濡れてきたのがわかった。。

今日は優しく私を攻めてくる…

優しく胸を触ってゆっくり乳首をなめる。

体中優しく優しく舐めまわされ私は全身で感じていた。

もう欲しくてたまらなかった。。

私も彼のおちんちんを優しく舐めてあげました。先っぽから根元までゆっくりと…

そして彼のおちんちんが私に入ってきておまんこで彼を感じました。
今日はすっごく濃厚なセックスだったと思います。

お酒が入ってたのもあって気づくと朝でした。いつ寝たのかも良く分からなかった。そしてふと横を見ると枕元にクリスマスプレゼントが・・・中身は指輪でした。

やっぱり彼が私にとって最高のパートナーです。。


続きは・・・
クリスマスイブ
2006年12月25日 (月) | 編集 |
会社の人とエッチしちゃいました。
好きだったので止められませんでした。

朝、目を覚ますと会社の先輩の部屋のベッドでした。衣服が脱がされた形跡もなく、内心ちょっとガッカリしながら隣のリビングに行くと先輩がソファーで寝ていました。

改めて見ると履いていたスカートのお尻の部分が汚れていましたが、起こすのも悪いし、先輩が寝ている横に座りテレビを見ていました。

しばらくして先輩が起きたのでお礼を言い、昨夜のことを聞くと、移動中、道に座り込んで居眠りをしだしたりしてたそうです。

白いスカートだったため汚れが目立つし、ちょうどお尻のところにあるので、このまま電車で帰るの恥ずかしいし…って思っていたら
「洗濯する?オレの部屋着のズボンで良ければ貸すよ」
と言ってくれたのでズボンを借りて脱衣所へ。

脱衣所でこっそりズボンの匂いを嗅いだりしちゃいました。着替えついでにお風呂も借りることに。。。

途中、先輩が乱入してくることを期待してたんですがその気配もまったくなく、普通にシャワーを終えて出ようとしたとき、タオル借りるのを忘れてたことに気付き、ガラス戸を開け
「先輩、タオル貸してくださぁい」
と呼ぶと持ってきてくれたんですが
「おまえ、隠せよ」
と言われ、気が付いたんです。ガラス戸で隠してたつもりの身体が片方のおっぱいだけ見えちゃってたんです。

私はあんまり気にしなかったんですが、照れ臭そうにしてる先輩が可愛く思えて
「先輩も一緒にはいります?」
って言ったら
「ただでさえ、我慢してるのに一緒にはいったらオレ手だすぞ。」
って言うのでビショ濡れのまま先輩に抱きついちゃいました。

そのまま、先輩と濃厚ちゅぅをして一緒にシャワーを浴びていると、先輩のが大きくなってきて…ってデカイ!!長さも太さも今まで見たものの二回りくらいの大きさだった。その場で舐めてあげると
「すげぇきもちいい」
と言ってくれて、更に頑張ったんですが、そのときはイッてくれず…。

ベッドに移り、今度は先輩が攻めてくれたんですが、上手いんです。なかなかイカないはずの私が何度もイカされ、初めて潮を吹いちゃいました。シーツがビッショリになって恥ずかしかったけど、気持ち良かった。

先輩にも気持ち良くなってほしくて、一生懸命、顎がはずれるかと思いながら舐め舐めして、
「こんな大きいのがはいったら裂けちゃわないかな。気持ちいぃのかな。」
って思うと挿れてほしくなっちゃって、
「先輩、来て…」
と言うと、ゆっくり②、ちょっとずつ挿れてくれたんですが、最初はちょっと痛かったけど、その痛さがまた興奮しちゃって、大声で喘いじゃった。

ゆっくり前後運動されるだけでイキそぉになり、根元まではいったときは、子宮がググッっと押されるのがハッキリわかると同時に、今までにないくらい感じてしまい、それだけでイッてしまいました。

途中、体位をかえたりしながら、私はイキッぱなし状態になってしまい、声も出ないくらい感じてしまい、先輩が
「イクぞ!」
と言うんですが、私は声もだせず頷くのが精一杯で、おなかに出してもらったんですが、私も同時にイッてしまいました。

しばらく放心状態のままだったみたいですが、そのあいだ、先輩がぎゅっと抱き締めてくれてて、意識が普通に戻ると
「大丈夫か?気持ち良かったよ。」
っと、チュッってホッペにしてもらい、最高に気持ち良かったし、幸せでした。

でも、もうしません!!

今日は彼とデートです。1143250.jpg
テーマ:綺麗なお姉さん
ジャンル:アダルト
会社帰りに痴漢に会っちゃいました
2006年12月23日 (土) | 編集 |
私はいつものように電車に乗り、会社から家へと帰る途中でした。
確か夜8時前ころだったと思います。

その日は乗った駅からすぐ痴漢にあってしまいました。


仕事帰りということで、少し気が抜けていたせいか、私は大した抵抗もせず、
なんとなくされるがままになっていました。


不快になったら、降りればいいやと思っていたので..
すると私が無抵抗だと痴漢はわかったみたいで
少しずつ、大胆になってきたんです


最初はスカートの上からお尻を下から上へとやらしい手つきでなで上げていただけだったんですが、

そのうちパンティの上からお尻をもみしだき、とうとうパンティの中に手をいれられ、後ろからアソコに指を這わせ、
指を奥ふかくまで入れられてしまったんです。

私は段々段々、きもちよくなってしまい、自分でヒップを痴漢の体にぴったりとくっつけました。


すると痴漢は興奮したみたいで、私のアソコの奥深くまで入れた指を
半分くらいまで抜いてまた入れる...そんなねっとりとしたピストンをずうっとし続けたんです。


私のアソコはもうすでにぐちょぐちょに掻き回され、痴漢の指が、私の汁で糸をひいているのがわかりました。

その時、私が降りる駅の2コ手前の駅に着く、という車内アナウンスが流れました。

どうしてその時、そんな事を考えたのかわかりませんが、私は、その駅から歩いてすぐのところに、9時までやっている図書館が
あったのを思い出し、とっさに電車から降りました。


すると当然のように痴漢も私を追い掛けて降り、改札を出てからも私のあとをずーっとついてきたんです。

私はそのまま図書館に入りました。予想通り、閉館まで30分くらいしかなかったので、図書館は空いていました。

私は中でも一番人がいない「百科事典」の棚のところへ歩いていくと、痴漢に背を向け、何気なく本を見るふりをしました。


すると、いきなり後から、両方のおっぱいをわしずかみにされたんです。

「あ...」


痴漢は左手でおっぱいを揉みしだき、右手でスカートをめくり上げると、あっという間にアソコに指をつきたてました。

「おまえ、やらしいな、こんな所でもぐしょぐしょに濡らして」

痴漢は私の耳もとでそう囁くと私の腰を抱え、私の足を自分の足で開き、後ろから一気にツいてきました。

私は必死に本棚につかまり、あえぎ声を押さえます。
私の中に入っている痴漢のモノは本当に固くて、私のアソコはもうトロトロです...

「パンパンパン・・・」どうしよう、セックスしてる音が響いちゃう・・・

痴漢は一度ヌクと、私をすぐ近くにあった観覧用のソファに座らせ、私の足を自分の肩にかけると、今度は正面から深~く入ってきました。

もう無我夢中で腰をふっていると、あっと言う間にイってしまい、痴漢の精液を中にたっぷり出されてしまいました。

じつはそのあと、その痴漢からは携帯の電話番号をもらいまた会うことを約束してこの日は別れました。

まだ本当に会うかは分かりませんが・・・。
恥ずかし体験
2006年12月20日 (水) | 編集 |
彼氏とデートしていた時の事…

ちょっと距離のある場所までお出かけする事になった
いつも行かないような所に行こうって話で電車に乗ってる時間は長かった・・・
何回か乗り換えもありだんだん彼があきてきたご様子。。

そして人が沢山乗ってきて軽く満員状態に…
行き場がなくて彼氏にぴったりくっついていました。
彼氏はイライラ絶好調かなぁって思った。この後どうやってご機嫌とろうかなぁ?って考えてた。
突然私に手を回してる彼氏の手がお尻の辺りでモゾモゾ
よくわからなかったけどだんだん彼氏の手がスカートぎりぎりの所を触ろうとしているのが分かった。。チカンとかしてみたいのかなぁ??なんて考えながら黙ってた。そしたらスカートの中でパンティのひもをひっぱたりしておまんこにパンティがくい込んじゃった!!
だんだん人の目が気になってきた…
人はギュウギュウにいるし誰も見てないとは思うけど見られてたらどうしよう・・・
そんな事考えてる私に彼氏は容赦ない
パンティの中にまで手を入れてきてクリトリスを刺激してきた。気持ちいのと普通にしてなきゃいけない場所なのがどうにもならない感じだった。ぐちょぐちょに濡れてきた私のおまんこに今度は指を入れてかきまわす…もう立ってられない・・・そう彼に言いたいけど周りの人に聞こえるかもしれないから言えない・・・

エッチモードに入ったまま目的地に着いた。
でも興奮がおさまらず駅にある女子トイレの中にこっそりと二人で入った。駅トイレ

すでにグチョグチョに濡れたおまんこを彼はさらにクンニしてくれた。。もう欲しくてたまらなくなった私は彼のズボンをおろすとバキュームフェラ!!私のよだれでグッチョリと濡れたおちんちんをおまんこにIN。たくさん我慢したせいでおまんこは感じまくり…
個室が2個しかなくて誰かが待ってたりするのは分かる感じだったけど壁一枚向こう側に人がいるって事を思ってまた興奮しながらすっごく感じちゃってました。。
きっと私のいやらしい息つかいやたまに出ちゃう「あっ…」って声でトイレの外にいた人にはバレバレなんだろうなと思いました。


続きはコチラ
カラオケ
2006年12月19日 (火) | 編集 |
彼氏とカラオケに行く事になりました
呑んだり歌ったりして曲の間奏や曲と曲の間に彼氏と私はチューしたり
服の上からお互い触りあったりしていちゃいちゃしてました
突然彼氏が 「マッサージして」
と言ってソファに寝たので、マッサージしてました

うつ伏せのマッサージが終わり、仰向けのマッサージをしようとすると少しやりずらかったので、
彼氏に足を開いてもらい股の間に座ってマッサージしてました。しばらくしてると彼氏が
「気持ちくてこんなになっちゃったんだけど」と私の手をズボンの上からおちんちんにもっていって触ってみると、
彼氏のおちんちんは大きくなってました。 私も
「こっちも反応しちゃったの?」
とズボンの上から手で大きくなったおちんちんをスリスリ してると、カチカチになってしまいました。
ズボンをずらしおちんちんを出しました。
彼氏のアソコを触り、パクッと軽く ペロペロしちゃいました。 だんだん興奮してきたみたいで彼氏が
「ど~すんだょお。治まらないよ」と、アソコを出して
「したいよ!」
と言うので私も
「そうだね」と言いながら軽くシコシコしてると、
治まらない彼氏は私のスカートの中へ手を入れパンティの上からクリトリスをなぞった。すでに湿っている事に気付くと彼は
「なんだえみこもぐちょぐちょになってんだ」
と言ってパンティの中に手を入れておまんこをぐちょぐちょにかきまわしました。私は気持ちよくなってしまってだんだんおちんちんが欲しくなってしまいました。彼はそれを感じ取り
「欲しいんだろ?こんな所でいやらしいこだなぁ」
と言って
「大きくなったおちんちんをえみこのいやらしいおまんこに入れてください」ってお願いした。
すると彼氏はギンギンになったおちんちんをいれてくれた。
そこはほとんど外からは見えない部屋だったけど人目を気にしながら乱れていた。。今日は場所が場所だけに中出しだった。中に出されるとすっごく気持ちいぃカラオケ


中出し体験
続きはコチラ
テーマ:エッチな体験
ジャンル:アダルト
オナニー見られながら…
2006年12月16日 (土) | 編集 |
今日は彼がまた新たな要求を…
いつものように彼とエッチする流れになって前戯中にいきなりストップ!
なんで?って思って彼を見たら
「今度は自分でおまんこぐちょぐちょにしてごらん
と一言。
それって彼の目の前でオナニーの披露か??と思ったらすっごく嫌で
「やだやだ」  
って言ってたら私の手を無理やりおまんこへ…
強制オナニーだ・・・
と思いながらしぶしぶしてたらおまんこのぬるぬるをクリトリスにつけて更にぬるぬるしてた。
だんだん見られながらオナニーしている自分がたまらなくなってきた。。
彼が
「いやらしい女だな。 気持ちいのか?」
なんて聞くからもうびちょびちょになってしまいました。
それからオナニーで2回もイっちゃって我慢が出来なくなって
「お願いいれて!」
と言った。
しばらくじらされたけどいれてくれた。
結局おまんこにおちんちんが入ってからもずっとクリトリスをいじってた。おちんちんいれながらクリトリス刺激してるのが一番気持ちいぃ
おっぱい

パイパンに!!
2006年12月15日 (金) | 編集 |
最近彼から私に対しての要求が増えてきた…
彼が望むなら何でもしてあげたいと思うしそれで興奮している彼を見ると私まで興奮してくる。。それはそれでいいんだけどさすがに今回のお願いはどうかなぁ…
ホテルでの話し。
いつものように一緒にお風呂に入って洗いっこしてたら彼が
「きょうはえみこのエッチな所の毛を剃ってつるつるにしちゃおうかなぁ」
なんていきなり言うんです。。それはさすがに嫌だなって思ったから
「恥ずかしいよ~」
って言ったのにもうカミソリの準備してえみこのおまんこの毛を全部綺麗に剃っちゃったんです。
彼はつるつるになったおまんこを見て興奮していました。
そしてローションを体中にたっぷりつけて二人でずっとぬるぬるしていました。オマンコの毛がなくなった事で余計につるつるしてて気持ちよかった。
彼のおちんちんをローションでぬるぬるになった手でしごいてあげました。気持ちよさそうにしてたからそのままイかせちゃおうと思ったのに
急に
「ちょと待って」
って止められました。
お風呂から出てベットの上に行き私を寝かせると彼はデジカメを取り出して私をたくさん撮ったんです。。彼が
「いやらしいおまんこだね」
とか言いながら写真撮るからだんだん私まで興奮してきちゃった…。
毛がなくなったおまんこの写真撮られてなんか複雑な気持ちでした。
その後やっぱりローション使ってぬるぬるしながらセックスしました。
パイパンはローション使うとだいぶ気持ちいい
本当にたくさん感じていっぱいイちゃった!
でも毛がなくちゃ温泉にも行けないよぉ~
パイパン

コスプレセックス!!
2006年12月12日 (火) | 編集 |
彼が一度コスプレセックスをしてみたいと言うので私は学生の頃に着てたセーラー服を持って彼と会いました。

セーラー服姿になった私をを横に座らせ、彼は優しくキスをしてくれまた。そして、ディープキスをしながらセーラー服の上からおっぱいを揉んだ。…。。おっぱい コスプレ


今度は、首筋や耳をつーっとなめられながらおっぱいを揉まれ、私は
「はぁ・・はぁ・・」
と少し息を荒くした。
セーラー服の上着にある左ファスナーを開け、セーラー服をめくり上げ、ブラをずらしておっぱいを揉んだり、乳首を舐めたり、つんつんしたり、軽く噛んだりされました。
興奮して息を荒げてしまいました…。
そしたら彼は下半身を責めてきましたました。
まず、スカートをめくり上げ、パンティをTバックみたいにしてからおまんこの割れ目に沿って指で上下に動かされやがて私のパンティにおまんこの汁が…
彼は「いやらしいおまんこだな、こんなに濡れているよ」というと私は「いやだ、恥ずかしい」と言いました。
その後、彼は私のはいていたスカートとパンティを脱がせ、直接おまんこやクリトリスを触ったり、オマンコの中に指を入れたり出したりして…。。
おまんこの汁がたくあちこちに…。
「あ〜、イクイクイク・・・」
といやらしいあえぎ声を出してしまいました。
だけど、
彼はじらしてばっかりでなかなかいれてくれませんでした。
しばらくしてからやっと大きくなったおちんちんをぐちょぐちょになったおまんこにいれてくれました。
じらされた分おちんちんが入っただけですごく感じました。
コスプレはいつも以上に興奮するみたいです">
初めてのバイブ
2006年12月11日 (月) | 編集 |
いくつかの体験談を読んでいるうちにどうしてもバイブを使ってみたくて・・・。彼氏とも、バイブの話が会話にでてくることもあり一緒に選んで買ってみました☆
ローションバイブを持ってホテルに行きドキドキしながらバイブローションを準備。その効果はすごかった!まず、ローションを彼氏のおちんちにたっぷり塗ってあげてマッサージしてあげました。するとかなり気持ちよかったらしくすぐにイってしまいました^^;
次に私の番♪彼氏がローションを私のおまんこに塗ると、カーっと熱くなる様でジュンジュンしてきちゃいました。そのまま彼氏にいじられてるだけでかなり気持ちよかったのですが、バイブを入れられ、ビクビクっと身体がのめってしまいました。

まだスイッチも入れてないのに…
スイッチを入れると中をグリグリかき回されてスゴク気持ちいい!!!バイブでも中がこんなに感じるんだぁって感動しちゃいました!!
そのままクリバイブのスイッチを入れられると、頭がおかしくなるほど気持ちよくて…よがってよがって、でももっとしてほしくて…
今までに経験したことがないくらい気持ちよくてちょっと泣いちゃいました。
彼氏は私の涙を拭きつつ、そのままバイブで攻めてくるので「アァッもうだめ!イクゥ!!」って叫びながらイっちゃいました!!!とってもとっても気持ちよかったです。

その後もう休憩しないとエッチは出来ないって言ったのに彼氏は嫌がる私を強引に押さえつけて無理やり足を開きおちんちんを入れてきたんです。もうとてもセックスしていられる状態じゃなかったのにそのまますっごいピストンで動くからもうおまんこがヒクヒクしちゃって大変でした。正直ダメダメって言いながらもものすごく気持ちよくておかしくなりそうでした。。またバイブ使ったエッチがしたいな♪
彼はたまにSになる!
2006年12月10日 (日) | 編集 |
私の彼はえっちになるとちょっとSが入ったりします、言葉遣いも変わります
「何こんなぬらしてるんだよ?」とか、「足 開いて」
とかちょっと荒っぽくなる。
そういう人と付き合ったことなかったから、私は「えぇ?」って
びっくり
始めは命令形?っぽい言い方に
どきっとしました

で、彼、入れるときに、
「誰の、どこに、何を、どうしてほしいの?」
と聞いてきました。毎回、必ず。
これを言わないと、入れてくれなかったです
すっごい恥ずかしいのに、がんばって言ってました
「私の、あそこに・・」だと「あそこって?」と訂正させられ
「○○(彼の名前)を・・」と言えば「何のこと?」って着き返され
たまにSになるんです。
じらされちゃった。。
2006年12月09日 (土) | 編集 |
今日は彼氏の様子がおかしかったんです。
なんかそぉ~っと胸とか触ってきたりして
これからエッチするんだなぁってワクワクしてました。
それが…
クンニばっかしてくるんです。

クンニ自体は気持ちよいんですが、
私のおまんこは彼のおちんちん
が欲しくて欲しくて・・・

それなのに、私を押さえつけて
強制クンニでベロベロと。

気持ちよさと、入れて欲しさで
頭が変になりそうでした( ´△`)アァ-
結局入れてもらうまでどんだけ、クンニされたんだろ?


後から聞いたんだけど、バックで挿入されたときは
愛液が凄すぎておちんちんを伝わって
たまたまの方まで・・・

そして、床にポタポタ滴り落ちてたみたい。。



クンニばっかで、
しゃぶれなかったから今度彼のおちんちんを
しゃぶりつくしてやるぅ~!!
ソファーでエッチな事しちゃった!!
2006年12月08日 (金) | 編集 |
私が彼のを抜いてあげた時のお話

ソファーで並んで座って
私はテレビをみて

彼は雑誌を読んでくつろいでた…

そのうち、彼はソファーの上に横になり
私の膝の上にお尻を乗せて
リラックスリラックス…

彼の感じる場所に手を置いてテレビを見ていると・・・

モゾモゾ・・・ムクッ・・ムクッ・・ムクムク・・・

固くなってても柔らかい部分を摘まんで遊んでると
溜まらずに腰を持ち上げて
下を脱ぎ出す彼…
「俺のおちんちん気持ちよくして」 
お願いされちゃった

快く引き受けてテレビを消して
膝の上のものを手コキでシコシコと左手でしごいてあげました。

滑りが足りないかな…

じーっと見てる彼に見えるように
上から唾を垂らした。

亀頭の滑りをよくして
根本まで良くすべるようにしたら

うぅうぅっ・・・手の締め具合がいいよ・・・

きもちいいでしょ??

少し体をずらして少しだけ口でしてあげるね

吸い付きながら舌を絡ませながら

んぅぅ・・・たまらない・・・

出してもいいよ・・・

上体を起こす彼

私のことを上から抱き締めようとする。

私は彼の物を口から離して

左手でシコシコしごきながら

彼の顔を右手で引き寄せ
胸の中にうずくませるように強く抱きしめてあげる。

うん・・こうやって甘えながらいかせてほしかった。

私も温もり感じながらイッテほしい・・・

ぎゅとしていかせて・・・

左手の動きを速めてぎゅっと胸に抱きしめてあげて

彼は私の手の平に一杯出しちゃいました。

出した後は、ながーいキスしたり
ホッペをくっけて強く抱きあったりして
愛し合っちゃった。
初めてのカップル喫茶
2006年12月06日 (水) | 編集 |
今日は待ちに待った彼とのデート
どこに行くのか聞いていなかったのにどう見ても目的地が決まってて歩いているみたい。。どこに行くの?って聞いても教えてくれないしどこに行くのかすごく気になっていました。でも実際期待で胸がワクワクしていました。
着いた所はカップル喫茶!私は最初どういう所なのか知らなくて期待が外れたかなぁって思いました。

個室は、2人用のソファーと、小さなテーブルがあるだけ。
真ん中が通路になっていて、右と左に3部屋ずつ。

とりあえず、一番奥の部屋に入って、周りをキョロキョロ。
ソファーに腰掛けると、目の前の部屋がけっこう近く感じる。
ソファーの左半分は、目の前がついたてになってるけど、
右半分は、カーテンのようなものがかかっている状態。
カーテンもあんまり役目をはたしてないので、
前に人が来ちゃえば、丸見えです。

薄暗いので、キャンドルがテーブルの上に灯してある。
内装は、どっかのリゾート風?バリ?インド?
かかっている曲もシタールっぽい楽曲、異国情緒たっぷり。

彼ととりあえず、ソファーに腰掛けて、
普通のおしゃべりしてたんだけど、
やっぱり、早めに脱いだ方がいいのかな。

説明の時に、「女性の方にも必ず脱いでいただきます。」って、
力強く言われたしなー

彼の方は早々と服を脱いでいく。
私は、そのまま身体をずらして、彼のものを口にふくんだ。

彼が私の髪をなでながら、エッチな事をささやく。
少し興奮しているみたい...

その言葉を聞きながら、
私は一生懸命に、彼が感じる場所を舌先で探していた。

彼は、私に全身をなげだすようにして目を閉じている。
硬くなったものをくわえて、上下に動かすと、
どんどん大きくなって、口の中いっぱいになる。

フェラで、お互いにリラックスしてきたので、
途中で私も、上着、スカートを順番に脱いでいく。

誰もいないけど、ホテルでも、自分の部屋でも無い場所で、
服を脱いでいくのって、恥しい
ちょっと肌寒い感じで、心もとない。

大部屋にいる女性のあえぎ声は、
ここからもよく聞こえる。

自分以外の人がいる空間。
スタッフの人が歩く足音。

全裸になって、彼の上にまたがった。
彼のが私の中に入ってくると、身体全体が痺れていやらしくなる。
腰を動かしながら、彼にしがみついて、キスをする。
声が我慢できなくなって、吐息があえぎ声になっていく。

私の声も向こうの部屋に聞こえてるのかな...

彼の動きが激しくなって、頭が真っ白になっていく。
「あ、あ、あん。ダメ。ダメ...いっちゃう...」

私のあそこの中で、我慢できない快感がうまれて、
どんどん、あえぎ声が言葉にならなくなっていく。

大きな波のような快感にさらわれて、
私は、絶頂を感じていた。
たぶん、大声であえぎながら、逝っていたんだと思う。

もっと、快感であえぐ声をみんなに聞かせたい。
もともとあった露出への興味が、形になるのを感じていた。


ローションぬってあげました
2006年12月01日 (金) | 編集 |
今日も待ちに待った彼とホテルに行く日。
でも今日は前回のSMプレイのおかえしを彼にします

ホテルに向かう車の中で、彼に 「食べられるローション買ったんだ。すっごく甘いよ♪」 って言ったら、彼は「え!?そんなんあるん!!ほんまに食べれるん!?」ってとても驚いてました笑

ホテルについて、オフロでさっそく使ってエッチ
彼に寝転んでもらってお腹にローションをとろーりとたらすと、ふわっと香ばしい匂いが広がって彼も、「わ、すごいいい匂い!」って喜んでました!胸にたらして、胸をマッサージしながらなめてあげたのですがついつい、彼を気持ちよくさせてあげるというよりも、

おいしくて夢中でぺろぺろ舐めました笑

そしたら、彼が 。。。
「そこばっかじゃなくて、あそこも舐めて・・。」

って言ってきたので、あそこにもたっぷりかけてマッサージ♪
意地悪して、 なかなか舐めないでじらしちゃおうと思っていたのですが、彼に逆に「おいしいんだろ?早く舐めたら?」なんて、意地悪なことを 言われて素直にすぐなめちゃいました苦笑

ぺろぺろ舐めてたら、彼はローションのぬるぬると舐められてるので、すごく気持ちいいらしく、 ぎゅっと目をつぶってたまに、「うっ。」って感じに声をこらえてるのが、とてもかわいくて。。。

そんな彼を見れたことが とても嬉しかったです。

彼がイったあと、ローションがちょうど半分ほど残っていたので、「今度はえみの番な♪」って言って次は私が気持ちよくしてもらいましたvv 彼も、を使って舐める時、美味しいらしくずっと舐めてくるので私もいつも以上に感じたかな・・・(><*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。