FC2ブログ
えみこの秘密日記。完全プライべ-ト体験記だよ。不定期に会ってくれる人も探してまぁ~す。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝から彼と
2007年01月29日 (月) | 編集 |
今日は朝から…

昨日は映画の話で彼と盛り上がりながら気付けば2時近くになっていたので

彼は私の家に泊まってくれました。
21303.jpg


朝、くすぐったくて目を覚ますと彼が首筋をなでなでしてました。
思わず

「ん…あっ」

って思わず声を出してみると

「えみこっ、朝からそんな声出して…」ってまた言われちゃった。

そしたらおっぱいを揉み揉み…
私もだんだん気持ちよくなって、彼の胸板をなでました。
昨日のホテルの鏡に写った彼と私を思い出してじんわり。
またこないだみたいに彼とのエッチをビデオに撮って一緒に見るのもいいのかも、なんて変なこと思ってしまいました。

そしたら
「えみこ、またエッチなこと考えてるんでしょ?」って

「!」

バレちゃったかなぁ。悔しいので彼の唇にキッスでごまかしました。
本当はそのまま手を下に…おまんこのほうまで伸ばしてぺろぺろして
ほしかったんですけど。
そして

「今度は窓が大きい海が見える部屋でエッチしたいなぁ~」

「うんうん。車で行こうか」

なんて朝からのろけながら。
でも私も彼も今日はお仕事なので続きは帰ってからか明日かなぁ。

実は朝って感度がいいんですよね。
続き、最後までしたかったな。。

続きはこちら
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
映画のあとは
2007年01月28日 (日) | 編集 |
今日は映画デート。

私は館内の一番後ろの席でイチャイチャ。


そのまま映画が終わったあとは、ラブホテルへ・・・

お城のような建物のラブホへ行きました。
天井は鏡張りになってました。


まずはお風呂に入り

彼が私の体を丁寧に撫で始めました。




洗うと言うよりは、撫で回すって感じ。

立ったまま後ろから私を抱え込み、おっぱいを包み円を描きます。

人差し指と中指で乳首を挟んでゆっくりと。

左手はおっぱいの円を描きながら、右手はわきの下や、下腹、太股をなぞり、

足の間に滑り込ませ、私の右足をバスタブに乗せました。


内腿を撫で、足の付け根ぎりぎりを擦ります。

キュンキュンしてるおまんこにはなかなか触ってくれないで、

私は焦らされておかしくなりそうでした。



私は彼の手を取り、真ん中へと導いて、触られたがっていたおまんこ
彼の手をあてがいました。


「あらら~こんなんなちゃって!俺が触らなくてもイイみたいだな」

って時々意地悪を言いながら・・・

シャワーで体に付いた泡を洗い流し

私の足元にしゃがみ込むと、おまんこをぺろぺろし始めました。


両手でしっかり私のお尻を掴み、れろれろしながら上目遣いで見上げます。


私も彼の舌使いに答えるように、彼の頭を両手で押さえ

思う存分喘ぎ声を上げました。


クリを舌で舐め回しながら、おまんこに指を入れてきます。


私は狂ったように、「もっと!もっと!!」と喘ぎまくりました。


彼は私の股間から口を放し、私の両手をガラス張りの淵に付かせると、
後ろから生で入れてきました。

ガラス越しには、反対側の鏡に私達が映っています。


彼に突かれながら、おっぱいを揺らし、喘ぎまくる自分姿が、

妙にえっちで、更に感じてしまいました。



彼も、かなり興奮気味でいつもより

おちんちんがカチンコチンだったような気がします。


突きながら、クリを指で弾き、私は2回目に弾かれた瞬間イっちゃいました。

彼も「イクよ」と言うと、私のマタの間から、バスルームの壁に発射



そしてベッドへ。

私を仰向けにすると、天井の鏡に写るように体全体を愛撫しました。


首筋から、胸。おっぱいは丁寧にゆっくり、時間を掛けて。


彼がクンニを始める頃には、鏡の中の2人と私達は全く別のものの
ような気がしてきました。


体制を変え私が上になると

目の前には彼のおちんちんが。


もちろん私はぱっくりと咥え、舌を使ってフェラをしました。

カリの周りをなぞるように舌を這わせ、竿を手でシゴキ、

おちんちんにチュパチュパ吸い付きました。

3562.jpg


溢れ出る我慢汁を飲み込み

おちんちんの穴に尖らせた舌先を入れるようにしたり、裏筋を舐め上げたりしました。


彼は私を左に向かせ、もうひとつ1つの鏡に映すと、ゴムを着けて
横バックで入れてきました。


快楽におぼれる私の顔。

たまらなかった。


今度は私を仰向けに戻して、正常位で挿入

彼のおちんちんが私に入っているのが見えました。

彼は見やすいように、私の左足を自分の肩に掛け、突きまくり。


自分のえっちな姿を見ながら、私は悲鳴のような声を上げイキました

その後、彼は私をうつ伏せにして、バックでイキました。


続き・・・
一緒にお風呂
2007年01月27日 (土) | 編集 |
昨日はお互い仕事が終わり私の家に泊まることになりました。
27738.jpg


一緒にお風呂に入ると

いつものことですが、彼が私の乳首をいじめてきて・・・

アソコに指を入れたり、クリをコリコリいじってきます。


耐えられなくて私が声を漏らすと・・・



彼のおちんちんがビンって起ちます。

その彼のおちんちんをしごいて、しゃぶって・・・・


私がエロい顔になってくると


「おいで・・」って言われて・・・・


お風呂の壁に向かって立たされると


またを突っこまれて



「ビショビショだね・・・エロいマンコだな・・・」って言って

お尻を突き出させられて、後ろから突かれちゃって・・


おっぱい揉まれてガンガン突かれて

もうだめ・・・・って・・・



奧まで入ってすごく気持ちいい・・・・


私のアソコが締まってくると彼が



「ああ、締まってきたな、気持ちいい」って、、、、、


「そろそろイっちゃう。。どこに欲しい?」って。。。



「中に・・・・」


「仕方ないな。。。お前はエロい奴だなっ・・」って言って

彼はにくれます。。。


彼が抜くと ドロドロって白い精子が。


その後は、精子まみれになったあそこをキレイに洗って・・・
img20070120085405.jpg


続きはコチラ



すっごいローション
2007年01月25日 (木) | 編集 |
今日は彼とアダルトショップに一緒に行きました

チラッと見に行っただけだったのですが面白いものを見つけたので買ってしまいました

それはローションなのですが普通のローションとは違ってお風呂の浴槽にいれるとお風呂のお湯がローションになるとの事・・・

20070125114737.jpg


あまり期待はしないで買いました。でもそれを早く使ってみたいねって話になりあまり自分の家の浴槽は使いたくないのでホテルに入って使ってみる事にしました

お風呂に入れてかき混ぜると少しづつお湯がトロトロしてきました。
ローションとは言ってもこんなもんかぁと思ってちょっとテンションが下がったのですが浴槽に入ってみるとただちゃんと溶けてなかっただけでした

もう一度よくかき混ぜてみました。

ちょっとトロトロなお風呂・・ではなかったです。。ローションに浸かっているようでした

あまりにも不思議な感覚でしばらくはローションを手でつかもうとしたりして感触を楽しんでいました。

でもやっぱりこのヌルヌルの中でおちんちんを触りたくなって彼のおちんちんを触ってみました。お風呂の中のはずなのにヌルヌルで彼のおちんちんを触った感覚もいつもと違うんです・・・

彼は気持良さそうにしていて私のおまんこも触ってきました。

「すっごいヌルヌル」

私のクリトリスを触ったりしていましたがもうどこを触ってもヌルヌルで本当に気持ちよくなってしまいました。

指を入れてきたりもしましたが私のおまんこが濡れているのかもうわかりませんでした。

その後彼のおちんちんを私のおっぱいに擦り付けたりしてヌルヌルを楽しんでいました。

137616-7334048-0-24213513-pc.jpg


彼ももうこのヌルヌルのせいですぐにイってしまいそうだったみたいでいつもよりも長い時間は触ったりしてなかったのに浴槽の中でおちんちんおまんこに入れてきました。

「あぁっ・・・すっごいね・・ヌルヌルで気持いい・・」

彼の身体にしがみついていましたが手が滑っちゃって大変でした。。

お風呂の中で腰を動かして最終的に浴槽の中で精子を出したのですが透明のなローションの中で白い精子が浮いていました。ローションとは混ざらないみたいです。ちゃんと精子を手で掴む事もできました。

これってすごくないですか

残りの容器にお湯を入れて振ったら濃厚なローションの完成でこれを使ってまたエッチが出来る

そう思ってローションを作っておきました。

ベッドに戻ったらまた彼に塗ってあげたんです。


続きはコチラ

他のエッチな女の子
おまんこの中に・・・
2007年01月24日 (水) | 編集 |
今日はお仕事サボっちゃいました

どうしてかって言うと昨日は彼と夜飲みに行って相当飲みすぎてしまいました。。

なんであんなに飲んだのかもわからないほどに飲みました・・・

酔いをさまさないとさすがに帰れないよねって話で結局彼と近くにあったラブホに入ったんです

二人ともグデグデだったものでホテルに入ってから多分一回寝てしまったんです。

私が目を覚ましたのも何か変な感覚がしてふっと目がさめたんです。

うっすら目を開けると私の上に彼氏がいておまんこの中はブルブルしていて更におちんちんを入れようとしていました。

一瞬状況が分からなくてなに?と言ってしまいました

20070124115634.jpg


少しづつ状況が理解できてきて分かったのが私のおまんこの中でぶるぶる震えているのはローターで彼はローターが入っているおまんこおちんちんを入れようとしていたのです

「いやぁ。やだよぉ。。ローターとって」
と言ったんですがお構いなしにおちんちんを挿入してきたんです。

「ゆっくり!ゆっくり入れて」

ローターが入ってるのにおちんちんが入る訳ないと思いすごく怖かったんです。。

結局おちんちんは奥まで入ってきました。

彼はゆっくり動かしていましたがちょっとづつ気持ちよくなってきちゃったんです・・・

「あぁっ・・気持ちいいよ・・・なんかすっごい・・」

おちんちんが奥まで入ってくるたびにおまんこの奥でローターがぶるぶるしてていつもと何か違う感じでした。でもやっぱりどっかに恐怖感もあって怖いのとそれに反して気持ちよさで頭がおかしくなりそうでした


今思えば酔ってたから抵抗もろくに出来なくてあんな状況になってたのかな?とも思いますが結局気持ちよくて私は何回もイってしまったんです。。

エッチが終わってから彼に

「なんでローター入れてたの?」

と聞くとどうやら彼も酔っていたた為おかしな行動をとってしまったらしく気が付くと部屋に置いてあるおもちゃの自動販売機でローターを買っていて寝ている私を見たらいたづらしたくなって色々してたら私が全然起きなくてあんな事をしてしまったらしいです

でも普通に過ごしてたら体験する事の出来ない感じですごくよかったです

そんな中目覚めたら出勤する時間の10分前でした

「今日は体調崩してしまいました。お休みさせていただきます。」

と言って休んでしまいました・・・

良くないですね。。今日二日酔いに苦しめられていました。



続きはココ


他のエッチな女の子


フリータイム♪
2007年01月21日 (日) | 編集 |
今日は二人ともお休みだったので久しぶりにラブホテルフリータイムへ行きました

値段だって夜よりかなり安くなってるから少しいい部屋に行きたいね

なんて話でえみこの行ってみたかったラブホへと行く事になりました。

20070121140437.jpg


まず部屋に入るとやっぱり綺麗な部屋で嬉しくなっちゃいました

えみこが浴槽にお湯を入れてきてお湯がいっぱいになるまでの間二人でコーヒーを飲んでまったりしていました

フリータイムって時間を気にする事がないのでのんびり出来てすごくいい

お湯が溜まったみたいなので私は彼の服を脱がしてあげました。

ゆっくり少しづつ脱がしたからちょっと興奮したみたいで彼のおちんちん勃起していました。

「今度はえみこの服を脱がして」

そう言うとキスをしながら彼もゆっくり脱がしてくれました。
キスされながら脱がされるなんてこの状況で私が濡れちゃうのは仕方ないですよね・・・

そしてお風呂に入ってまたまたのんびり

お風呂につかりながら冷たい飲み物を飲んだりしてしばらく入っていましたが身体を洗いっこしてお風呂から出ました。

そして彼がゴソゴソ何かをいじってました。

「実はね、家からバイブ持って来たんだよ」

と言って私に見せてきました。

「えぇ~、わざわざ持ってきたの??」

と言うとスイッチを入れて私の身体に当ててきました。

「これ好きだろ?こうされるとすぐ濡れちゃうだろ」

「あぁっ・・・」

体中がしびれるような感覚になりました。
クリバイブでクリトリスを刺激されてクリトリスはビクビクしてました。

「あぁっ・・だめ・・クリトリスがイっちゃう・・・」

「ほら。イっていいんだよ。たくさんえみこをイかせる為にコレ持ってきたんだから」

そう言われて私はイってしまいました。
結局クリトリスで4回もイかされてその後にバイブをおまんこに挿入されました。

もうバイブが入ってきただけで身体はビクンビクンになってました。

さらにバイブが奥まで入るとクリバイブでクリトリスを刺激されて沢山イってしまったクリトリスはもうおかしくなりそうでした。

「もうだめだよ・・・おちんちんで奥まで突かれたいの」

「しょうがないなぁ。えみこはすぐおちんちん欲しがるんだから」

と言いながらおちんちんをゆっくり挿入してくれました。

「あぁっ・・気持ちいいよ・・奥まで突いて・・」

だんだん彼の腰の動きが早くなってきました。
私はもう気持ちよくっておかしくなってました。

「ぁあ・・えみこのかおすっごいエッチだよ。気持ちいい?」

「気持ちいいよぉ・・おまんこ壊れちゃいそうだよ・・」

彼は割りとすぐにイってしまいました。でも私の方が彼よりも全然早くおまんこはイってしまって私が2回イってから彼が精子を私の中に出しました。

今日はフリータイムまだまだ時間はあるんです

11618939610021.jpg


その後軽く眠ってしまいましたが眼が覚めると彼がまだ眠っていたのでおちんちんを勝手に咥えたらちょっと大きくなってきたので勝手に騎乗位で入れてしまいました。彼が眼を覚ますと「本当にエッチだな」と笑いましたが彼も腰を振ってきました。

今日はトータルで2回セックスをしました。。
またフリータイムでラブホに行きたいなぁ・・・


こんなえみこに応援メールください

メールはここ

他のエッチな女の子


ランキングに参加しています。
エッチな女の子もココにいっぱいいるよ。


   
病院で彼と・・・
2007年01月19日 (金) | 編集 |
今日は1月19日ですね

ふと思い出したのですが去年の今頃のお話をしますね

ちょうど1年前私の彼が総合病院に入院しました。体はそこそこ動くことが出来たので彼はもうはたまりっぱなしだとよく言っていました

20070119104611.jpg



私もほぼ毎日見舞いには行っていましたが、大部屋だったので
病室で堂々といちゃいちゃ出来るわけでもなく、カーテン閉めてキスしたりする程度でした。。

しかしお互いそんなに我慢強いわけでもなくどんどんエスカレート

ある日彼に

「ブラとって来て」

とお願いをされました。

「えっ?」

戸惑いましたが

すぐにトイレまでいって外してきました。
ブラの入ったバッグを胸に抱えて彼のそばに戻りました。

部屋は大部屋だったけどはじっこのベッドでカーテンも半分閉まってたので私は入院患者からはほぼ死角になっていました。

最初は服の上からソフトにさわさわ・・・
すでに乳首は立っていて、私の目もうつろに。。

今度は服のすそから手を入れてきて胸全体を刺激されました。久しぶりの為か小さく吐息も。

20070119104208.jpg


「じゃあ今度はパンツとってきて」

さすがに拒否ろうかと思ったけどもう久々でエッチモード全開

「じゃあ待ってて」

と再度トイレに。

戻るとかばんの中の下着を彼に見せました。
彼はちょっと嬉しそうな顔をして笑いました。

すぐにベッドの側のさっきの位置に。
今度は立った状態で。短めのスカートをそっと持ち上げられるのと同時に 自分で足を少し開いてしまいました。

指で触られるとすでにおまんこは洪水状態。

クリトリス周辺をなぞるように触られると小さな声で

「ああっ」

と声が漏れる。

その後しばらく部屋で彼に触られていたのですがさすがに彼も我慢できなくなったみたいで、

場所を外来待合室に移動。

20070119105043.jpg


休日だったためかほとんど人もいなくっていすに2人で座って少しいちゃいちゃ

ところが先に我慢できなくなったのは私の方でした

夕方で暗くなり、人のいない待合室で足をひらいてオナニーを始めちゃいました。

彼はキスしながら胸をもんで私と一緒におまんこに指を。

「ひとにみられるかも」

っていう緊張感のせいか、
いつもに比べあっという間にイってました。しばらく余韻を楽しんだ後、その場でおもむろにフェラを始めました。

音を立てられないものの、久々だから彼に沢山気持ちよくなってもらいたくて一生懸命ご奉仕。。でもさすがに彼も我慢の限界。

そこで見つけたのが小児科待合室。ちょっと奥まっていて少し安心(?)

私は本棚に手をついて、後ろ向きにされるとスカートをめくられクンニが始まりました。

あえぎ声も出るがお構いなし。そして彼もズボンを脱いでとっくにヌルヌルおまんこに挿入。

久しぶりですぐに逝きそうになるが何とか我慢。

続けてピストンされるとあたりはエッチな音でいっぱいに。手で乳首を強く刺激されると思いっきりおまんこがしまったらしく彼はイきそうに・・・

場所が場所だからって何も言わずに彼は私の中で果てました。。

その後も退院するまでトイレやなんかでやりまくりでした。
あんなにたくさんエッチしてたのに誰にも気付かれなかったのかなぁ??

喧嘩の後は・・・
2007年01月18日 (木) | 編集 |
先日彼と大ゲンカしてしまいました・・・。

二人とも短気なもんだから、すごく言い合いになってしまったんですが、最後にはお互いにゴメンと、仲直りしました。
 
その夜、そんな事もあって、ちょっとギクシャクしてしまいまい

「今夜はエッチ無しかな・・・」

dscf0425_2.jpg


なんてちょっとウトウトしていたら

「しないのー?」

って、彼が。
 
結構ピッタリしたTシャツと、かなり短いホットパンツで寝ていた私の胸を揉んできたんです。Tシャツの上から、乳首をクリクリと・・・。

もう我慢できなくなって、彼のおちんちんに手を伸ばそうとしたら、

「誰が触っていいって言った?ちゃんとお願いしろ」

「触らせて」

「違うだろ。ちゃんと言い直せよ。ナニをどうしたいんだ?」

「・・・おちんちんに触らせてください」

「しょうがねぇな」

やっと触らせてくれました。

そしたら、パンツの間から指を入れてきて、私のおまんこを触ってきました

「あ・・・ッ」

いつものようにもう濡れていました。

触ってたら、今度は舐めたくなってきちゃって、咥えようとすると、

「だめだよ、お願いは?」

「しゃぶらせてください。」

「どこを?」

「おちんちん・・・」

「どーしよっかなー」

っていいながら、彼が自分のおちんちんをつかんで、私の胸に押し付けてきて・・・

「お願いしますー!」

っていいながら一生懸命咥えてしまいました。

夢中になってしゃぶっていたら、急にグイッて私を引っ張ってきたんです。

「ホラ、俺の言う通りの格好をしなさい」

「4つんばいになって、まんこが良く見えるように自分で広げながらいじるんだよ。口はちんこから離しちゃダメだ、ひざもつくなよ?」

20070118120012.jpg


ええ~また強制オナニーだぁ!! 

「止めてもいいんだよ?」

と言われちゃうと逆らえず彼の言う通りこのポーズ

「やらしいな~、こんな格好でオナニーしてみせるなんて」
 
見られながらのオナニーって本当に感じるんです。

でも、さすがに膝もつかずに咥えながらっていうのはキツクって。

とうとう、彼の許しも請わずにまたがって、自分で入れてしまいました。

その後はもう、いろんな体位で突かれまくりました。
気持ちよくって今日もたくさんイってしまいました。

喧嘩の後にするエッチは大体激しいんです。。



続きはこちら

他のエッチな女の子はここ
ベランダにおまんこ向けながら・・・
2007年01月16日 (火) | 編集 |
ベランダでのエッチが忘れられなくて…

彼がいない間に一人でしちゃいました。
ピース


彼に舐められるのを想像しながら右手でおっぱいをクリクリします。
するとおまんこがなんだかじんわりしてきました。。

一人でエッチなんて本当は彼に申し訳ないなぁと思うんですけど

昨日のエッチが忘れられなくてしちゃったんです。

あそこがじんわりしてきたらパンティの上からちょっと指で撫で撫で
もうむずむずなので

パンティの脇から指で触ってみると

やっぱりぬるぬるしていました。

このまま我慢しようかなぁと思ったんですけど

やっぱりダメです。

そのまま人差し指で彼にされたみたいに擦ってました。
カーテンを全開にしてベランダの方におまんこを向けながら。

誰かみてたらどうしようって思ったんですけど、でも我慢できなかったんです

すると

バタンって

彼が帰ってきたんです!こいう時に限って鍵を掛けてなくてビックリ

いそいで隠したんですけど。顔が赤くなってるのがバレちゃって…

彼はちょっと拗ねてました。

続きは夜一緒にしようねって約束しました。

昨日の続き
2007年01月14日 (日) | 編集 |
昨日ベランダでした後、

数時間寝た後にまた彼とエッチしちゃいました

少し寝ぼけながら彼のちんちんをみたら、むっくりと立ち上がってました

朝立ちですかねぇ??


そして、そのまま彼がアタシのクリトリス

周りからゆっくりと円を描くように優しくマッサージをしてきました。



あたしも寝起きだからすごく感じちゃって・・・


だんだんとクリトリスが大きくなってきました。


「クリちゃん、すごっくおっきくなってるよぉ。」

って、彼が言うから


「なんか、今わかんないけどすっごく感じるの・・・」
って、恥ずかしいけど言っちゃいました。


そしたら彼のちんちんがさらにおっきくなっちゃったみたいで

フェラのお願いされちゃいました。


しばらくチュパチュパ舐めていたら
img20070112040944.jpg

自然と69へ・・・

69で舐めてあげると彼のガチガチになったちんちん

咥えながら一気に2回も登りつめてイってしまいました。


そうこうしてお互いの体を舐め合って20分くらいしたから

耐え切れなくなって


「もうだめぇ、おちんちんほしぃよぉぉ・・」

って、言ってるのに彼が無視してきたから


自分から彼を押し倒して上になって

騎乗位で入れちゃいました。

いつもよりぐちゃぐちゃに濡れているからすっごく感じちゃった。


そのあとは正常位に戻り2人してイっちゃいました


じっとしていても腰がヒクヒクしちゃって失神寸前でした。


つづきは・・・
ベランダで…
2007年01月13日 (土) | 編集 |
昨日彼のおうちに泊まりました。
今日はその時のエッチのお話をします

最初はギュッて抱き合ったり、彼の胸に顔をうずめるだけなんだけど、キスしたらそこからはもう・・・

長いディープキスして、もう私は来るときから自然に濡れちゃってるから、彼に

「すっごい濡れてるよぉ・・・どうしてえみこのおまんこはこんなにいやらしいのかな?」

っていつものように聞かれました

私ははおまんこ舐めるの大好きで、彼はそれを知っているからたくさんぺろぺろされちゃいました。

20070113134110.jpg


グチョグチョになったおまんこに彼のおちんちんを生でヌルッ。
最初からバックでいっぱい突かれて、もう隣に聞こえるんじゃないかってくらい大きい声が出ちゃった。

しかも一緒にクリトリスまで触られちゃうとホント何がなんだかわからなくなっちゃって…

今日は彼性欲がすごくてその後また夜中にエッチしてたら、彼がいきなり

ベランダでやってみる?』

ベランダ




って言ったの
 
その時もうつながってたから、

『えぇ~無理だよぉ』

って言ったんだけど、バックでつながったままベランダへ…

なんかガニマタで歩かないと抜けちゃうし、すっごく間抜けだったぁ

ベランダ立ちバックでガンガンつかれて、すっごくきもちいのに声出したら聞こえちゃうよぉ・・・・って思って。出せなくて。なんか突かれながら星が見えて、人が通ったりもして、興奮してしまいました。。

結局ベランダではえみこがイけなくて、またガニマタでベッドに戻ってしました

冬場に外でするなんてかなりあり得ないと思いますが彼は腰を動かして暑くなっていたので最初は外が気持ちよかったみたいですが結局寒くなってベランダにいたのはそんなに長くはなかったと思います。。

部屋に戻ってからは…

続きはコチラ


他のエッチな女の子はここ

ローション
2007年01月12日 (金) | 編集 |
今日は彼が何かを後ろに隠してニヤニヤしていました

「何??何かいい事あったの?何を隠しているの?」と言うと彼は嬉しそうに

「今日はこの間ネットで頼んでおいたモノが届いたんだぁえみこの好きなものだと思うよ

と言いました。だから私は色々考えましたけどよく分からないし

「教えてよぉ~!!」

と言うと見せてくれました。それはちょっと変わった容器のローションでした。

20070112103737.gif


「なんか変わってない?何か違うの??」

と聞きました。すると

「コレは美味しいんだよ!」

と言われて私が不思議そうな顔をしていると

「試してみれば分かるでしょ」

と言うといきなり彼はズボンを脱いだかと思うとおちんちんローションをたらしました。

こぼれてしまいそうだったので手で全体にぬってあげました。

「ん?いい匂いがするよ!!本当に美味しそう

と私が言うと

「食べてもいいよ。味見してごらん」

と言うのでパクってしてみました。

「本当においしい!フルーティーな感じだよ」

コレは『ピーチ&マンゴのトロピカルな味』らしいです。

私は美味しさと匂いでいつもよりも長くペロペロしてたと思います

「そんなにしたら出ちゃうよ・・」

と彼が言いました。

「だっておいしんだもん」

と言うと彼は立ち上がって私の服を脱がせて押し倒しましたと私の身体に冷たいローションをたらして全身に塗り始めました。彼の舌が私の身体を刺激しました。

20070112105806.jpg


「本当だぁ。えみこの身体おいしいな」

と言いながら全身を丁寧に舐めていました。私は気持ちよくなってしまいました。私の身体の上に彼が乗ってヌルヌルしあいました。この感覚ってなんとも言えませんよね

全身が性感帯になったような感じで彼の身体とえみこの身体が擦れるたびに

「ぁあ・・」

って声が漏れてしまいました。彼はいれるよとも言わずにいきなりおちんちんを入れてきました。

「あぁっ・・おちんちんが入ってきた・・」

ローションヌルヌルになっていたのですんなり入ってしまいました。

彼の身体が私の上で滑ってそのたびにおちんちんが奥まで入ってきて私はいつもよりも早くイってしまいました。

ローションってなんかいやらしくさせますよね

今日も私のおまんこヒクヒクして満足していました
昨晩は私の部屋で
2007年01月11日 (木) | 編集 |
昨夜は彼と仕事帰り待ち合わせして

私のアパートへ行きました。

お部屋に着くと、とりあえず暖房を入れて珈琲を入れる事に。

ソファに腰掛けて、部屋が暖まるまで予備の毛布を膝にかけてお喋り

夕飯はパスタを茹でて。

食事を済ますと、彼も疲れてたみたいで・・

「…ひざまくらして?」って、甘えてきて

コテンと私に寄りかかってくる彼。

「いいよ、おいでおいで」

毛布を彼の身体にかけてあげて、ソファの上で横にさせて膝枕。

まー、とろとろ気持ち良さそうに夢の世界に旅立っちゃいました。

約一時間後、起こすとまだ眠そう。


とはいえ、じゃれあっているとムラムラきたらしい彼。

「舐めて欲しいな…」って、言うから


場所をお布団の方に移して、

お口でおちんちんをペロペロしてあげました。


でも、翌日は私も会社があるので、

早く寝ようとベットの中にもぐりこみました。

彼がもぞもぞと身じろぎ始めました。

おもむろに自分の足を私の足に絡めてきたかと思うと

ぎゅぅっと強く抱きしめてくる。

「…ぎゅぅだけで、いいの?」って、聞くと

太ももに、絡みついた彼の足。そして当たる、彼の下半身。


そしてキス

半ば強引に私の着ていたキャミソールを脱がし、

乳房に舌を這わせながら下半身に手を伸ばす…

下着を剥ぎ取り、いきなり入り口をくにゅくにゅ


もう濡れていて、すんなりと指を受け入れる私。

「あっ、んん…」

乳首を舐められると、背中がしびれるような快感。

あふれ出して、止まらない。


足を開かせ、顔を近づけ激しく舐める彼。


次は指攻め。

激しいピストン運動をされると気が狂いそうになって・・

取り出したのバイブ

バイブとスイングのスイッチをオンにして、私の下半身にあてがう。

「あっ、んんん、ふ、はぁ」
ぬぷっ、とゆっくり中に挿し込んでいく。

「は、はあ、んくぅ」

ぐちゅっ、じゅぷっ…ずぷっ、指より太くて長いもの、本物よりは細くて短いけど、動きは激しくて。

長い時間をかけて、感じたことの無いような刺激。

そして彼のおちんちんを軽く舐め、ゴムをつけて、私が上に。


くねくねと切ない声を上げながら腰を動かして、時には焦らすように彼の乳首に舌を這わせて

そしていつものように、彼が上になって。

何度もオモチャで攻められていたので、太くて長い彼のおちんちんが待ち遠しかったみたい。

あっという間に彼は果てて、ぐったりともたれてきました。


翌朝、一緒にシャワーを浴びてからお互い会社に行きました


つづき


観覧車の中で・・・
2007年01月09日 (火) | 編集 |
今日は彼と遊園地に行きました

20070109112648.jpg


彼はたまたまお休みで私は有休をとっていました

平日行ったら暇そうだよねなんて話しから遊園地に行く事になりました

私は絶叫マシーンが好きなのでたぶんジェットコースターと言える物全部に乗ったと思います

お化け屋敷も入りましたよ私はああいうの苦手なんです

私は怖くて彼にしがみついていたんですが彼は全く怖くないみたいで暗い事をいい事に私のお尻をさすって来たんです

私は怖くて全然エッチモードにはならなかったのですが彼はエッチモード全開になってたみたいです

お化け屋敷を出ると観覧車に乗りました
20070109113145.jpg


観覧車に乗るとすぐに彼はズボンを下ろしおちんちんを出してきましたそして

「えみこ気持ちよくしてよぉ~」

と言うので

「しょうがないなぁ。。」

と思いながらお口でしてあげました

両サイドから見えないか不安でしたが彼の気持ちよさそうな顔とか声を聞いてるとだんだんどうでも良くなってきてそれどころか興奮して来てしまいました私は観覧車の中でイかせたくなっちゃって

「イきたい??」

と聞くと彼も

「イきたい・・・」

エッチな顔で言うからいやらしい音を立ててたくさん亀頭を刺激してあげました。

11504025090018.jpg


「イっていいよ。もっと気持ちよくなって。えみこのお口の中に精子ください」

すると

「ぁあ、出ちゃう出ちゃう」

と言って私のお口の中は彼のどろっ~っとした精子でいっぱいになりました。。

その後すぐに観覧車は終わってしまいました

もう少し遅かったらやばかったなと思いました

結局きれいな景色も見てなかったのでもう一回乗って今度は景色を楽しみました

今日は日曜日♪
2007年01月07日 (日) | 編集 |
彼は今日お仕事半日で終わって帰ってきたんです

嬉しくって彼にどこか行く?と聞いたんですけど彼はどこにも行きたくないって言うんです

そう言うのって何でもいいよって言ってくれる人なのにどうしてだろうって思って考えていました。

彼がスーツを脱いで着替えるのかと思ったら脱ぎかけのままで私の所に来ていきなりおちんちんを私の顔の前に差し出してきました。

「今日はえみことゆっくりイチャイチャしたいの。年末とお正月一緒にいたから仕事始まって寂しくなっちゃったんだよ」

なんて言うからそういう事かって納得して私は嬉しくなったので顔の前にあるおちんちんをお口で愛してあげる事にしました

まずは玉を優しく舌で刺激しながらおちんちんを持って親指で裏筋をゆっくりと触りました。

だんだんおちんちんが大きくなって来たので興奮しちゃいました。

おちんちんおいそう」

と言ってサオにしゃぶりつきました。

137616-7334263-0-24213996-pc.jpg


わざと音が出るように

「じゅぽ・・ちゅる」

ってエッチな音を沢山出しながら舐めていました。

そしたら口の中でちょっとしょっぱいものが…

「我慢汁出てきたよ」

と言うと彼からかすれた声が漏れてきました。

「そんなに気持ちいいの?」

と言って彼を言葉でも感じさせました。

おちんちんビクビクして来ると彼は私のおまんこに触れることなく入れてきました。

でもおちんちんをしゃぶっているうちにおまんこはぐちょぐちょに濡れていたのでするっと入りました。

「あぁ・・気持ちいい・・・もっと」

ってたくさん喘いでいました。

彼は私の中でイってしまいました。

その後もずっとイチャイチャしていました。少し時間をあけたものの結局トータルで3回もセックスをしました。

11562811830003.jpg


2回目のセックスはおもちゃを使いました


続きはコチラ


お仕事開始
2007年01月05日 (金) | 編集 |
彼は今日から仕事です
寂しいなぁ・・

私はまだお休みなので暇してます。

でも、お正月は彼とエッチばっかりしてたから・・

今日もなんだかしたい気持ちになっちゃってオナニーしちゃいました


下着をゆるめて、体中に指をはわせて・・
20070105110214.jpg


胸も乳首を避けて、モミモミ・・
気分が高まってきたら、今度はピンポイントで攻めます。

乳首クリを、こりこり。

布ごしにさすると、思わず声が出ちゃいそうなくらいに気持ちいいの
もう、あそこはヌルヌルに・・下着の上からもわかっちゃう位。

彼氏とのエッチでされるのと同じように、焦らすのがいい感じ。

後の快感が全然違ってくるから。

次にバイブとローターを取り出して

ローターをクリに押し付けて、ぐりっと刺激。

その度に、体が反応してビクッ、ビクッ。

じわじわじわ、と体中に快感が広がったら、入り口にバイブをあてて挿入。
ローターで刺激しながら、少しずつ入れていきます。

私はすごく濡れやすいので、基本的にローションは使いません。

「あ、あーん、いっぱいになるぅ…おっきい…」
なんて思うととっても濡れてきちゃう。

太くてくびれがたくさんあるバイブなので、ちょうど気持ちいいスポットに当たってくれます。
当たるたびに、またビクッてなちゃう。

いっぱいに入れたら、スイッチオン!

クリバイブがクリをこねまわして、あそこからはびちゃびちゃと湿った音がして、すごく恥ずかしいんですけど、でも気持ちいい
9-1.jpg


かき回されて中が熱くなって、体中の熱がそこに集まる感じで、

小声で「いく、いっちゃうう……」
って声出ちゃって、背中を反らせてイっちゃいました。


続き・・
お雑煮を作っている最中…
2007年01月02日 (火) | 編集 |
お正月は彼も私もお仕事がお休みだから一緒にいられて幸せデス

一緒にいるとエッチばっかりしちゃうんだぁ

彼とつながる事が出来て私は幸せ感じられるし最高なんだけどねぇ☆
おまけに気持ちよくなれるし。。

今日はお雑煮を作ってあげようと思って一緒にスーパーに行ってからお部屋でエプロンしたら彼が

エプロンする時は服着てたらダメでしょ」

って言うからしょうがなく服を脱いで裸エプロンしてあげたの。

rank_hitoduma.jpg


そしたら彼は興奮したみたいでキッチンに立ってた私をしばらくは見てたのに突然私の後ろに立ってぎゅっっと抱きしめてきたの

「今料理中だよぉ」

と言うと

「俺が料理されたい」

とか言ってズボンを下ろしたのそれで私の手をおちんちんの所に持っていったから優しくさすってあげたの。

彼はすっごい興奮しちゃっておちんちんがすぐにギンギンになちゃったんだ

エプロンしたまま横からおっぱい触ってきて乳首をクリクリするから気持ちよくなってきちゃったの。しかも空いてる方の手でクリトリスを触りだしたからもう立ってられなくなちゃった。。

私のおまんこはすぐに濡れちゃってエプロンをしたままキッチンで後ろから彼に突かれました。すっごく気持ちよかったの

普段だったら絶対にキッチンエッチなんかしそうにないから何か珍しくてよかったです

エプロンしてると私までちょっと興奮してしまいました。。

その後は普通にお雑煮を作って一緒に食べました
元日エッチ
2007年01月01日 (月) | 編集 |
あけましておめでとうございます

彼と今年初めてのエッチしてきました

初詣に行って帰ってきて突然

ディープキス。そのまま押し倒されちゃいました。

「んっ・・ちょっ・・」もがいてる間に
服の上からおっぱいをモミモミ・・

嫌がりながら体が反応。

そのままタオルで目隠しされて・・

異常に緊張して
思いっきり心臓バクバクに!!

彼氏はあたしが逃げても逃げてもつかまえてきて
脱ぎ途中の服で腕を固定され

「これで手も動かないね。」って。

いつも優しい彼氏の声だけど
すごく強い力で動きを封じられた


両腕押さえつけられて
おっぱいに優しく吸い付いて乳首を含みながらレロレロレロ
ベロベロベロ。。ベロンベロンベロン

視覚を奪われ荒々しい強さに余計刺激され

「ふぁっ・・はっ・・見ないでぇ・・」

声がどーしても漏れてく
「顔見てるとどこが気持ちイイのかすぐ分かるよ。ほら。これ好きでしょ??」

彼氏の両指であそこ思いっきりくぱって開かれて

もう片方の指の腹で優しくクリを撫で回された

「あぁぁ・・ふぁぁん・・んぁ・・・」

体が反り返っちゃう コレだめだーすぐやられる
彼氏はアソコに顔近づけながら

「いっぱい舐めてあげるね・・」って。

浮いちゃう腰をガッシリ押さえつけられて
クリを丹念にしゃぶって舐め回され
もーどうしようもない声で・・イッてしまいました。

イッた後も指と舌でアソコをいっぱい舐めてくれました。

指2本入れてかき回しながら舐められたり
クリのまわりをベローってゆっくり通過されたり
感じまくって溢れて止まらないあたしのお汁を
まんぐり返しで全部キレイにしてくれたり・・

その間ずーっと電気が流れてるみたいに
体がビクンビクン反応してました。

1時間くらい 前戯に時間をかけてくれたと思います
こんなに尽くしてくれてあたしは幸せです
RdUYfJ[1].jpg




続きを読みたい人はこちら・・
テーマ:日記
ジャンル:アダルト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。