FC2ブログ
えみこの秘密日記。完全プライべ-ト体験記だよ。不定期に会ってくれる人も探してまぁ~す。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野外です・・・。
2007年06月14日 (木) | 編集 |
こんばんわ。

今日は久しぶりにKさんと会いました。

Kさんはチャットで知り合ってから仲良くなったとってもSな彼です♪

Mっ気がある私にはツボ☆

Kさんから

「また早くえみこさんを抱きしめたいよ。」

とメールが来ていて、私はKさんのSっぷりが忘れられなくて今日仕事が終わったあとに会ってきました。

食事をして、てっきりこの後はホテルに行くものだと思っていたんですが、彼はホテルに向かう様子はありません。

(私、期待しすぎなのかな?)

などど考えながら、Kさんが向かうままに着いて行きました。

ついた先は陸橋線路の下の人気のない小さな公園。

ホームレスの方がいそうな感じです。

(え?まさかここでするの?)

人気がないと言ってもまだ時間もそんなに遅くないので薄暗い道と言っても人も通りかねません。

「え・・・Kさん、あの・・・」

「こういうドキドキするところもいいでしょう?」


そう言ってKさんはキスをしてきました。

N先輩に倉庫で犯された(?)事を除くと、ここのところエッチはご無沙汰だったので、すごくドキドキして、ましてやこんなところでなんて・・・と思うと、キスだけで濡れていました。

Kさんの手がおっぱいを揉み、服をたくし上げておっぱいを舐められました。

「ん・・あっ・・Kさんダメです、誰かきたら・・・はぁっ・・」

「興奮してるの?」


そう言ってKさんはニヤっと笑っておっぱいを舐めながら、太ももを伝いスカートの中に手を入れてきました。

パンツ越しにおまんこを擦られて、気持ちよくて

「あ・・・はぁん・・・」

と声が出ていました。

「パンツまで染みちゃってるよ?えみこさんはいやらしい人だなぁ」

そしてパンツの中に指が入ってきて、おまんこに指を入れられてしまいました。

激しく指を動かされて、気持ちよくて立っていられないほどでした。

「あっ・・ああん・・はぁっ・・あっ・・・・」

誰かに気づかれそうであまり大きな声は出せません。

ダメ・・・気持ちよすぎだよぉ・・・

その時!

人の話声が聞こえました。

「やだ・・・誰かきた!」

私たちは道路から死角になる気の影へ。

夜の犬の散歩と思われ夫婦らしき2人組が歩いてきました。

私は心臓がドキドキしていました。

「ね?スリリングでしょ?」

「スリリングすぎです~(泣)」


でもKさんはまだすぐそこに人がいるのにまたおまんこに指を入れてきたんです。

「ぁ・・ダメです・・やっ・・」

感じてしまう私を楽しむかのようにKさんはおまんこをかきまわしました。

「すっごいビショビショだよ。」

耳元で囁かれて、ますます感じてしまいました。

そして人が通り過ぎ、Kさんは私を後ろ向きにしスカートを巻くりあげてパンツを下げて、後ろからおちんちんを当ててきました。

でも当てるだけでなかなか入れてくれないんです・・・。

「ぁ・・・Kさん・・・」

「入れて欲しい?」

「入れてください・・・」


そう言うとゆっくりおちんちんが入ってきました。

「あ・・・はぁん・・」

ゆっくり、そして激しく突いてきました。

「あ・・気持ちいっ・・・はぁ、ん・・・あっ・・・」

また人が来るかもしれないのに・・・

こんな格好にされて、レイプされてるみたい・・・


「ぁ・・すごいっ、奥まであたる・・・ああっ・・・ダメ・・・」

「気持ちいの?こんなところで乱れて、いやらしいね」


言葉責め
されながら突かれ続けました。

すごい気持ちよかったぁ。

またデートしたいと思います。

OK_0614emiko.jpg


今日はおっぱいの写真載せまーす♪


エロエロなえみこを応援してください⇒FC2ランキング
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
えみこさんは、ドMですかぁ~。
久々のエッチが公園で・・・。
かなり濡れ濡れだったんじゃない?
ちゃんとイかしてもらったのかな?

2007/06/15(Fri) 00:13 | URL  | テツ #-[ 編集]
>テツさん

私がMなのは有名な話ですよぉ…笑
2007/06/15(Fri) 14:17 | URL  | えみこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。